蓮(はす)と鶏(にわとり)

泥の中から蓮(はす)が咲く

泥の中から蓮(はす)が咲く

蓮 と 鶏     作 金子みすゞ

泥のなかから
蓮(はす)が咲く。

それをするのは
蓮(はす)じゃない。

卵のなかから
鶏(とり)がでる。

それをするのは
鶏(とり)じゃない。

それに私は
気がついた。

それも私の
せいじゃない。

 

阿弥陀さまの願いは、生きとし生けるものすべてを救うことです。
そして、阿弥陀さまの救いは無条件です。

「善いことをしなさい」とか、
「念仏をしなさい」とか、
「信じなさい」とか、
「自力を捨てなさい」とか、
「~しなさい」という条件は一切ありません。無条件の救いです。

そしてその願いを「南無阿弥陀仏」の名号に込めて届けてくれてます。
あとは、その名号をただ受け取ればいいだけです。
難しいことを考える必要はありません。
届いたらそれが自然と「信心」になって、
届いたらそれが自然と「念仏」になります。

親鸞聖人は、晩年、
何事にもはからうことなく、あるがままをあるがままに受け入れた境地
「自然法爾(じねんほうに)」という言葉で語られています。

他力の教えの真髄だと思います。

1 thought on “蓮(はす)と鶏(にわとり)

  1. 「蓮と鶏」は、自然数の風景だ。

    自然数は、[絵本]「もろはのつるぎ」で・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA